PERSON OF THE YEAR 2018

2018年12月16日(日)に川崎市教育文化会館イベントホールで開催を予定している長文大会「PERSON OF THE YEAR 2018」の公式ブログです。

あけましておめでとうございます。

大会開催から日が経ってしまいましたが、本大会で使用したペーパークイズを公開いたします。

以下のリンクからご覧ください。https://drive.google.com/file/d/15duSMYJjhDKLQPSzSOYSDXce4YHg4tfj/view?usp=sharing

昨日、無事に大会が終わりました。
大会の結果報告をいたします。

大会名:PERSON OF THE YEAR 2018

開催日:2018/12/16
会場:川崎教育文化会館イベントホール
参加人数:92人
ペーパー1位:井上純也(東京大学3年) 40/70点

Winning Answer:「ロルフ・シュトメレン(Rolf Stommelen)」
「1969年にはサルト・サーキットのミュルザンヌ・ストレートで初めて時速350kmに到達したレーサーとなった、俳優のポール・ニューマンが2位入賞を果たした1979年のル・マン24時間レースではディック・バーバーと共にコ・ドライバーを務めているドイツのレーサーで、モンジュイック・サーキットで開催された1975年のスペインGPで観客席/に突っ込んでしまい4人が死亡、レースが中断し、獲得ポイントは通常の半分とされたことにより、同レースに参戦していた女性レーサーのレラ・ロンバルディが0.5点という中途半端なドライバーズポイントを獲得する原因となったのは誰?」

優勝:小林逸人(東京大学4年)
準優勝:青松輝(東京大学2年)
3位:井上純也(東京大学3年)
4位:和田航平(早稲田大学2年)
5位:
山本空冬(東大寺学園高校1年)
6位:吉原主税(京都大学1年)
7位:渡邊賢史(京都大学4年)
8位:
寺田高志(大阪大学3年)

参加者の皆さま、問題提出等でお世話になった社会人の皆さま、ありがとうございました。
PERSON OF THE YEAR 2018 スタッフ一同

※この記事は大会当日までの間、先頭に表示されます

大会名:PERSON OF THE YEAR 2018

主催:PERSON OF THE YEAR 2018実行委員会

開催日:2018年12月16日(日)
(開場:10時予定 開始:11時予定 終了:19時予定)

会場:川崎市教育文化会館イベントホール(神奈川県川崎市)
(JR東海道本線・京浜東北線・南武線「川崎駅」東口 徒歩10分)

コンセプト:長文難問学生No.1決定戦

参加資格:大学4年生相当以下(いわゆるabc基準) 
(詳しくは「https://quiz-schedule.info/show/1068」を参照)

参加費:500円(懇親会に参加される方は、別途会費3000円をいただきます。)

事前エントリー期間:10月頃を予定(後々、Twitter等で連絡いたします。)開始しました。

定員:180名(予定)150名

連絡先:personof2018[at]gmail.com
(メール送信の際は[at]をアットマークに変更してください)

当日までよろしくお願いいたします。

↑このページのトップヘ